株式会社弁慶|作業服|空調服|作業用品|富山県|高岡市|富山市|砺波市|事務服|オンラインストア|通販

 

作業服・作業用品Q&A

 
 
作業服に使われる素材は、どんなものがあるの?
作業服に使われる素材は様々で、何種類もの繊維を組み合わせて作られている場合も多いです。
ここでは主に使用される繊維の特徴をご紹介いたします。
ぜひ作業服を選ばれる際のご参考になさってください。
 
【綿】
柔らかく肌触りが良いのが人気で、綿100%の作業服も多数作られています。
吸水性・吸湿性に優れ、保温力があります。
また熱に強く丈夫で、発色性・染色性も抜群。
シワになりやすく、洗濯で縮みやすいのが短所です。
 
【ポリエステル】
現在日本の合成繊維の中で最も多く生産されているのがポリエステルです。
非常に強く丈夫で、熱や摩擦に強いのが特徴です。
また型崩れしにくくシワになりにくいので保管が簡単。
速乾性もあります。
吸湿性が低く、静電気が発生しやすいのが短所です。
 
【ポリウレタン】
ポリウレタンは収縮性が大きく弾性回復力があるのが特徴。
繊維自体はゴムのように伸び縮みし、ゴムよりはるかに強く劣化しにくいです。
軽くて丈夫な上、色にもよく染まります。
熱や摩擦、塩素系漂白剤に弱いのが短所です。
 
【ナイロン】
成分上、絹(シルク)に最も近い合成繊維と言われています。
軽いながらも非常に強く、弾力性に富んでいます。
シワになりにくいのも特徴。
薬品・カビ・害虫・油にも強く保管が簡単です。
吸湿性が低く、静電気が発生しやすいのが短所です。
高温にも弱く、日光で黄変してしまう場合もあります。
 
【ウール】
保温効果が高く、吸湿性があります。
熱を通しにくく燃えにくいのも特徴。
シワになりにくく、型崩れもしにくいです。
虫に食われやすく、毛玉ができやすいのが短所です。
また、洗濯した際に縮みやすいです。
 
【アクリル】
ウールを目標にして作られた合成繊維で、あたたかな肌触りを持っています。
ソフト弾力性があるので、シワになりにくく軽いです。
また発色性もあります。
薬品・カビ・害虫・日光に強いのも特徴。
吸湿性が低く、高温に弱いのが短所です。
静電気が発生しやすく、毛玉もできやすいです。
 
※上記で繊維の特徴をご紹介いたしましたが、最近の繊維は様々な加工により短所が改善し軽減されている場合が多いです。
 
作業服の機能ってどれも同じなの?
見た目はどれも同じように見える作業服ですが、作業服によって素材・生地が異なるのはもちろん、多種多様な加工が施され機能性も様々です。
例えば作業服で多く用いられる加工が下記のものになります。
 
【帯電防止加工】
人体に帯電した静電気による障害や事故を防ぎます。
静電気が発生しやすい環境、または静電気による発火が事故に起因するようなガス作業・油作業の方にオススメです。
 
【伸縮加工】
ストレッチ性に優れ、動きの多い現場を快適にサポート。
 
【撥水加工】
生地の表面が雨や汚れた水などをはじき、防汚効果が期待できます。
外でお仕事される方にオススメ。
 
【形態安定加工】
本来の形状を記憶させる加工で、洗濯後のお手入れがらくらく。
 
【抗菌防臭加工】
繊維上での細菌の繁殖を防ぎ、悪臭の発生を防ぐ効果があります。
 
【吸汗・速乾加工】
ムレやベタつきの原因となる汗を素早く吸収し、吸収した汗を素早く乾かします。
爽やかさをキープするので、夏にもオススメです。
 
【防縮・防シワ加工】
洗濯によって縮みやシワになりにくい加工で、洗濯後のお手入れがらくらく。
 
【トリカット加工】
脇下の縫い目がなく、スムーズに腕を上げ下げすることができます。
現場での動きをスムーズに。
 
 
上記で取り上げた加工は、ほんの一部にすぎません。
「こんな機能性のある作業服がほしい」と思っているのに、どれを選べば良いのか分からない方はいらっしゃいませんか?
ぜひご提案させていただきますので、お気軽にスタッフまでお声掛けください♪
 
よく合羽などで目にする耐水圧・透湿性ってなに?
合羽を選ぶ際には、耐水圧・透湿圧をひとつの目安として選ばれてみてはいかがでしょうか?
 
耐水圧とは…
簡単に言えば、どれだけ濡れずに済むか?という数値。
耐水圧が高ければ高いほど、外からの雨や雪を合羽内に浸み込ませずに快適に過ごすことができます。
撥水性と混同されがちですが、耐水圧は長時間濡れ続けていても水圧に耐え、内部を濡らさない値になります。
 
よく10,000mmや20,000mmという数値を目にしますよね。
これはどういう値なのかというと、例えば耐水圧10,000mmとは、生地の上に1cm四方の柱を立てるとします。そしてその中に水を入れた場合、10,000mm(10m)の高さまで耐えられる、という値になります。
耐水圧10,000mmだけでも驚異的な数字ですよね。
 
いまいちピンとこない方のために、耐水圧の目安をご紹介いたします。
500mm…一般的な傘の耐水圧です
1,000mm…少々の雨に対応できます
5,000mm…中雨に対応できます
10,000mm…大雨やゴルフ場・スキー場で使用する場合に適しています
20,000mm…嵐や登山など、水濡れが命に関わる可能性がある場合に適しています 
なんと弁慶には、耐水圧30,000mmの商品もございますよ!
用途に合わせて、適した耐水圧をお選びください。
 
 
続いて透湿性とは…
汗や蒸気をどれだけ外に逃がしてくれるか?という値。
こちらも高ければ高いほど、快適に過ごすことができます。
透湿度は素材1㎡あたりで24時間に何グラムの水分を透湿させたかで示されます。
(そのため「g/㎡/24h」という表示)
 
それでは人はどれぐらいの運動でどの程度発汗するのでしょうか?
静止時(日常)…1200g/㎡/24h
ウォーキング…12000g/㎡/24h
ランニング…24000g/㎡/24h
 
合羽は通常2㎡程度なのでそのことを考慮すると、透湿性12000g/㎡/24hr以上であればランニングをした際でも蒸れにくいということになります。
透湿性に関しても、時期や用途に合わせて適したものをお選びください。
 
軍手のゲージってなに?
軍手などで、よく「ゲージ」という言葉を目にしますよね。
ゲージとは編み機の針の密度を表すもので、1インチ間にある針数、言い換えれば編み目がいくつあるか、ということです。
数字が大きくなるほど、編み目は細かくなります。
 
軍手では7ゲージ~13ゲージで編まれるものがほとんど。
一般的に7ゲージには太めの糸を使用し、13ゲージには細かい糸を使用します。
そのため7ゲージではざっくりとした編み目で生地が厚く、13ゲージではしなやかで生地が薄いので塵が入りにくい商品に仕上がります。
 
 
軍手にはどのような種類があるの?
使用する糸の種類や素材により、軍手の特性・コストも変わります。
 
【純綿軍手】
薄褐色が特徴の、綿100%の天然繊維で編まれた軍手。
値段が高価な分、吸汗性に優れ、肌にも優しく品質が安定しています。
厚手で丈夫な上に熱に強い綿100%なので、バーベキューなど火を扱う作業に最適。
 
【混紡軍手】
綿・ポリエステル・レーヨン・その他(トクボー)など、違う種類の繊維を2種類以上混ぜ合わせた糸で編まれた軍手。
綿の混率が高く、綿の風合いに近い柔らかな着け心地です。
 
【特防軍手】
未使用繊維(ポリエステル・綿・レーヨン・アクリル等)を紡績し直した糸で編まれた軍手。
コストが安く環境にやさしい商品です。
低価格のためコスト削減や大量購入される方に人気です。
 
作業手袋に使われる素材は、どんなものがあるの?
手袋に使われる素材は様々で、何種類もの繊維を組み合わせて作られている場合も多いです。
ここでは主に使用される繊維の特徴をご紹介いたします。
ぜひ作業服を選ばれる際の参考になさってください。
 
【塩化ビニル】
丈夫で軽い新素材として、1931年にドイツで生まれました。
柔らかさを自由に変えることができ、着色やプリント加工が容易にできます。
耐油性・耐候性に優れており、物理的強度も強く薬品に侵されにくいのも特徴。
耐熱温度がやや低く、60℃以上の熱に弱いのが短所です。
 
【天然ゴム】
名の通り天然の樹の樹液から精製されたもので、本来のゴムの弾力性があります。
柔軟性があり、低温下でも柔らかいのが特徴。
引き裂き・引っ掻きにも強いです。
油や溶剤に弱いのが短所です。
 
【ニトリルゴム】
耐油性・耐摩擦性・耐老化性・耐薬品性に優れています。
摩擦・突き差しにも強いです。
やや柔軟性に欠け、低温で硬くなるのが短所です。
 
【ポリウレタン】
繊維自体が5~10倍にも伸び、伸縮性があります。
ゴムより細いが強度は強く、強度はゴムの450-800%ほど。
他の繊維と比べて比重が軽いのも特徴です。
塩素や光、カビなどに脆化する場合があることが短所です。
 
【ポリエチレン】
耐薬品性に優れ、強度が強いのが特徴です。
柔軟性もあり、低温でも硬くなりません。
吸水性・耐熱性が低いのが短所です。
 
【綿】
柔らかく肌触りが良いのが人気です。
吸水性・吸湿性に優れ、保温力があります。
また熱に強く丈夫で、発色性・染色性も抜群。
シワになりやすく、洗濯で縮みやすいのが短所です。
 
 
※上記で繊維の特徴をご紹介いたしましたが、最近の繊維は様々な加工により短所が改善し軽減されている場合が多いです。
 
どの作業手袋が、どの作業内容・作業環境に適しているの?
膨大な種類がある作業手袋。
どの作業にどの手袋が適しているのか、判断するのが難しいですよね。
ここでは適している作業手袋を、業種別に紹介いたします。
 
【自動車関連業 機械加工などに】
耐油性・耐久性のある塩化ビニル製、または油や薬品に強く摩擦や突き差しにも耐えるニトリルゴム製をオススメいたします。
油で物が滑ったり、油により手袋が硬くなるのを防ぎます。
オススメ商品…耐油ビニローブ・耐油ビニスター・組立グリップ など
 
【自動車関連業 樹脂成形・塗装などに】
ホコリが発生しにくい手袋や、帯電を防止する手袋がオススメです。
下記の商品は長繊維を採用しているため、手袋からのホコリや糸くずの発生を抑えます。
オススメ商品…パームフィット手袋・トップフィット手袋など
 
【土木・建築業 重機の運転・建築作業などに】
手のひらのすべり止め効果が高いものをお選びください。
背抜きタイプだと通気性にも優れ、ムレや不快感がありません。
オススメ商品…グリップ・ブレスグリップ・ニュートワロン・ニトリルプラスなど
 
【水産・漁業 養殖・漁獲などに】
指先部分を強化した手袋や、グリップ力に優れた手袋がオススメです。
また柔軟性のあるものだと、手袋が硬くなったり疲れてしまう心配もありません。
オススメ商品…ビニローブ・トワロンハード3・耐油ビニローブなど
 
【農業 果実・野菜の摘果などに】
ムレにくく、指先感覚を活かせる手袋がオススメです。
手首のサポートもあれば、フィット感もアップ。
オススメ商品…テムレス・グリーンジャージ・ブルーライナーなど
 
【食品加工業 食品に直接触れる作業などに】
食品衛生法適合で、指先感覚を活かせる手袋がオススメです。
下記の商品はパウダーフリー(粉なし)タイプで衛生的。
オススメ商品…天然ゴム極うす手・ビニル極うす手
 
革手袋の素材はいろいろあるけれど、何が違うの?
革手袋に使用される材質は様々で、各素材に特徴があります。
ぜひお客様の用途に合った革手袋をお選びください。
 
【牛本革】
繊維自体がきめ細やかで比較的均一なため、強度に優れ耐久性があります。
柔軟性にも富み、使い込むほど手に馴染みます。
油汚れにも強いです。
 
【牛クレスト】
牛革の銀面(表面)を使用しています。
見た目にも美しく引き裂き強度に優れ、使い込むほど手に馴染みます。
満足感たっぷりの使い心地を感じられるかと思います。
 
【牛床革】
牛革の銀面(表面)以外を使用しています。
大変丈夫で厚みがあり、耐久性・耐熱性に優れています。
値段が比較的安価なのも嬉しいポイント。
革手袋の中で最もポピュラーな素材です。
 
【豚クレスト】
豚革の表面を使用しています。
軽量で通気性があり、摩擦にも強いのが特徴。
水に濡れても硬くなりにくく、柔軟性に優れ作業性も良いです。
 
【豚床革】(スェード)
豚革の裏面を使用しています。
豚クレストより品質は劣りますが、薄く素手感覚で使え価格も安いです。
 
同じ牛床革を使用した革手袋でも、値段が違うのはなぜ?
厚みがあり、耐久性・耐熱性に優れたタフな素材である牛床革。
牛床革は革手袋の中で最もポピュラーな素材であり、多くの方に人気があります。
そんな牛床革手袋ですが、値段に大きく差がありますよね。
それは一言で牛床革と言っても、手袋に使用している部位が違うからです。
 
主に使用している部位は、大きく分けて3つあります。
①腹皮(ベリー)
牛のお腹の部分になります。
人間と同様によく伸び、皮の厚さは薄いです。
 
②面皮(ショルダー)
牛の肩の部分になります。
密度はやや低く厚みも安定感に欠けますが、良質な皮です。
 
③背皮(バット)
牛の背中の部分になります。
皮の密度が高く厚みもしなやかで丈夫であり、最も上質な部位です。
 
腹皮→面皮→背皮の順で強度が増し、お値段も高くなります。
 
革手袋の加工には、どんなものがあるの?
加工や縫い方の違いを知ることで、より作業に適した革手袋を選ぶことができます。
 
【甲メリ】
甲部分の素材にメリヤス(綿)を使用したもの。
通気性が良く、手を握ったり開く動作が楽に行えます。
溶接作業などには不向きです。
 
【オイル加工】
特殊なオイル加工を施した、油汚れに強い手袋。
使い始めから柔らかく、水に濡れても硬くなりにくいソフトな感触。
汚れても水で洗って繰り返し使えます。
 
【内綿】
手袋内部にメリヤス(綿)を縫い合わすことで、汗を吸いベタつき・ムレを解消。
天然皮革独特のイヤな臭いが手に付きにくいのも嬉しいポイントです。
冬場には防寒用としても。
 
【内縫い】
縫い目が手袋の内側にあるもの。
溶接などの火が当たっても糸が切れることがなく、引っ掻けて切れる心配もいりません。
縫い目部分が手に当たることがあります。
 
【外縫い(背縫い)】
縫い目が手袋の外側にあるもの。
一番多く流通しているタイプです。
 
革手袋を洗ったら硬くなってしまった!なんとかならないの?
革手袋には、水に濡れても硬くなりにくい「オイル革手袋」というものがございます。
 
オイル革手袋は牛床革に特殊なオイル加工を施した、油汚れに強い手袋。
使い始めから柔らかく、洗濯してもソフト感が長持ちします。
(特殊オイル加工を施していないものは、洗うと硬くなってしまいます。)
 
柔らかい装着感は、作業性抜群!
汚れても水で洗って繰り返し使えるので、お財布にやさしい!
そして雨の日の作業や水を使う職場でも安心!
 
いいとこだらけのオイル革手袋は、人気急上昇中です。
ぜひご興味のある方はお試しください。
 
安全靴とセーフティーシューズの違いってなに?

安全靴とセーフティーシューズはどちらもつま先に金属や硬質樹脂製の先芯を搭載していますが、その中でもJIS規格に合格した商品を安全靴と呼びます。

 

そもそもよく耳にするJIS規格とは何なのでしょうか?

JIS規格とは、日本工業規格(Japanese Industrial Standards)の頭文字を取った略称。

工業基準化法に基づき、日本工業基準調査会の答申を受けて主務大臣が制定する工業基準であり、日本の国家基準のひとつとされています。

JIS規格を取得するには製造工場の品質管理体制の審査と、厳格な試験に合格しなければなりません。

 

そのJIS規格の中で安全靴は「つま先を先芯によって防護し、すべり止めを備える靴」と定義されており、JIS規格に合格した製品は3年に1回以上認証維持審査を受けるなど、厳しい品質管理体制のもと高い安全性能をクリアしているので安心です。

その安全性・耐久性は多種多様の職場に適応でき、耐久性を重視される方や普通・重作業に従事される方、より信頼できる商品をお探しの方には、ぜひJIS規格合格の安全靴をオススメいたします。

 
ちなみに、JIS規格と混同されやすいものにJSAA規格というものがあります。
JSAA規格とは公益社団法人日本保安用品協会(略称JSAA)が定めたもので、「一定の安全基準や耐久性」を有する製品規格として定義されています。
セーフティーシューズの中にはJSAA規格合格品のものも多く、安全靴ほどの安全性能を必要としない軽作業を行う場合にオススメです。
 
JIS規格・JSAA規格における性能の区分
JIS・JSAA規格の中でも、性能の違いにより作業区分や表記が異なります。
 
JIS規格
・「H種」重作業用
つま先部の耐圧迫性・耐衝撃性・表底の剥離抵抗が最も優れています。
つま先の損傷が激しい作業や、より高い安全性をお求めの方に最適。
 ・「S種」普通作業用
H種よりもつま先部の耐圧迫性・耐衝撃性が劣ります。(表底の剥離抵抗は同等)
日本において最も広く使われている安全靴がこのS種です。
 ・「L種」軽作業用
S種よりもつま先部の耐圧迫性・耐衝撃性・表底の剥離抵抗が劣ります。
JIS規格合格品の中で、最も軽作業に適した安全靴です。
 
JIS規格 付加的性能による種類
・「M」甲プロテクタの耐衝撃性が基準以上のもの
・「P」耐踏抜き性が基準以上のもの
・「E」かかと部の衝撃エネルギー吸収率が基準以上のもの
・「F」耐滑性が基準以上のもの
 
JSAA規格
・「A種」普通作業用
貨物運送・運搬業・清掃業などの通常作業に適しています。
・「B種」軽作業用
通常作業の中でも、軽量物を扱う作業など比較的良好な職場環境に適しています。
 
ヘルメットの素材には、どのようなものがあるの?
ヘルメットは帽体の材質により特性が異なります。
ご購入の際は、作業に適した材質のヘルメットをお選びください。
 
・FRP製(熱硬化性)
耐候性・耐熱性・耐薬品性に優れていますが、電気用ヘルメットとしてはご使用いただけません。
 
・ABS製(熱可塑性)
耐電圧性能には優れますが、高熱環境での使用は不向きです。
 
・PC性(熱可塑性)
耐候性はABS製よりも優れていますが、溶剤・薬品等には不向きです。
 
・PE性(熱可塑性)
有機溶剤系の薬品を使用する環境に適切です。耐熱性は優れません。
 
【熱硬化性】
加熱し軟化したものを加熱し続けて硬化させるタイプ。
一度硬化すると溶媒にも溶けにくく、一般的に熱可塑性よりも耐熱性・耐薬品性が優れています。
 
【熱可塑性】
加熱し軟化したものを冷却して硬化させるタイプ。
耐熱性や耐薬品性は熱硬化性に劣りますが、成形速度が速いため実用的でコストが安価です。
 
ヘルメットは壊れるまで使ってもいいの?交換の目安はあるの?

ヘルメットは、帽体の材質により交換時期が異なります。

 

ABS性・PC製性・PE製などの熱可塑性樹脂製…使用開始後3年

(弁慶では主にABS製のヘルメットを取り扱っております)

FRP製などの熱硬化性樹脂製…使用開始後5年

(耐候性・耐熱性には優れるが電気用ヘルメットとしては使えないタイプ)

 

ヘルメットは過酷な状況下で使用されるため、外見に異常が見られなくても劣化が進んでいる場合があります。

なるべく耐用年数以内に交換するようにしましょう。

変形や強い衝撃、変色が生じた場合も交換時期となります。

あごひもやハンモックなどは1年ごとの交換がオススメ。

 
また、小さなヒビも軽視できません。
表から目立たなくとも構造上力の集まる部分であれば、もう一度ダメージを受けた際に大きな事故に繋がる可能性も。
事故を未然に防ぐためにも、発見したらすぐに交換するようにしてください。
 
どの職場に、どのマスクが適切なの?
マスクといっても、種類はいろいろ。
皆さん用途にあったマスクを適切に選択できているでしょうか?
適切なマスクを使用せずに粉じんなどを吸い続けてしまった場合、じん肺という不治の病の原因や肺結核、気管支炎などいろいろな病気を患ってしまうことも…。
そうならないためにも、しっかりと用途にあったマスクを着用し健康を守りましょう。
ここでは主に使用されるマスクをご紹介いたします。
 
【防じんマスク】
事業場において粒子状物質(粉じん)を吸収することにより、人体に有害な恐れがある場合に着用します。
防じんマスクを選ぶ際には粉じんの捕集性能だけでなく、顔面にしっかりフィットするか、作業性に影響はないか、大きさ、重さについても確認しましょう。
また取り替え式と使い捨て式の2種類あり、どちらも商品によって使用時間が定められています。
使用時間を過ぎて使用すると人体に影響が出る可能性も考えられますので、使用時間は絶対に守るようにしてください。
 
【電動ファン付きマスク】
事業場において粒子状物質(粉じん)を吸収することにより、人体に有害な恐れがある場合に着用するろ過式のマスクです。
フィルタで除去した後、その清浄空気を電動ファンにより面体内へ送ります。
面体内圧を正圧に保つことで粉じんを吸収する恐れを軽減し、防じんマスクより高い安全性があります。
このマスクは取り替え式になります。
 
【防毒マスク】
ガス濃度が低い場合、気づかないうちにゆっくりと人体に障害を与える有毒ガス。
防毒マスクは、人体に有害な恐れがある有毒ガス、または有毒ガスと混在する粒子状物質を有する空気を浄化します。
面体と吸収缶から構成されており、吸収缶は作業環境に応じて選ばなければいけません。
最近の防毒マスクは以前のものと比べると装着感が改善し快適に使用できるものも多いので、作業中少しでも有毒ガスが存在する可能性があれば積極的にマスクを着用しましょう。
<<株式会社 弁慶>> 〒933-0011 富山県高岡市石瀬808-1 TEL:0766-26-7777 FAX:0766-26-7779